ティシュー・プロテクター Tissue Protector
研究用試薬

ティシュー・プロテクターTissue Protector (スライドグラス用)
スライドガラスに載った薄切標本の保護シール

ホルマリン固定パラフィン包埋標本を薄切した後、薄切スライド標本をそのまま室温に放置すると、酸素(酸化)と湿度の影響で、組織標本内のタンパクの抗原性が減弱して、免疫染色性が低下する事があります。
それを防ぐためには、短期間(1ヶ月前後)のうちに、免疫染色を実施するか、1枚1枚の薄切標本をパラフィンで覆うような手間のかかる作業が必要となります。
ティシュー・プロテクター(スライドグラス用)は、薄切標本に直接貼るだけで、酸化や吸湿による免疫染色性の低下を防ぐことが可能です。

使用は非常に簡単で、シール状のティシュー・プロテクターを台紙から剥がし、気泡が入らないように、薄切標本の上から貼っていただくだけで、薄切標本を保護します。

商品コード 品名 包装仕様
TP09000 ティシュー・プロテクターSS 18×24mm 1袋:10シート(1シート20枚)
TP09001 ティシュー・プロテクターL 58×24mm 1袋:10シート(1シート10枚)
TP09002 ティシュー・プロテクターS 36×24mm 1袋:10シート(1シート10枚)

※ティシュー・プロテクター(スライドグラス用)は、パラフィン包埋標本の保護には使用出来ませんので、ご注意下さい。

ティシュー・プロテクターの有無による 2 ヶ月後の染色比較

加速試験の結果【条件】湿度 60%、温度 42°C

HER2(Breast cancer cell line)


TP 貼り付けなし

TP 貼り付けあり

ティシュー・プロテクターTissue Protector (パラフィンブロック用)
パラフィン包埋標本の保護シール

薄切作業を終了した後、ホルマリン固定パラフィン包埋標本の表面は、酸素(酸化)と湿度の影響で、組織標本内のタンパクの抗原性は減弱することとなり、免疫染色性が低下することがあります。 一般的には薄切作業後は、パラフィンで表面を覆って保管しますが、同じパラフィン包埋標本から、再度薄切作業をするためには、覆われたパラフィンを荒削りして、改めて面出し作業をしてから、薄切作業をしなければいけません。
ティシュー・プロテクター(パラフィンブロック用)は、薄切作業が終わったパラフィン包埋標本に、直接貼るだけで、酸化や吸湿による免疫染色性の低下を防ぐことが出来ます。 また、再薄切作業時には、煩雑な荒削りや面出し作業なしで、薄切作業が実施できます。
ティシュー・プロテクター(スライドグラス用)は、薄切標本に直接貼るだけで、酸化や吸湿による免疫染色性の低下を防ぐことが可能です。

使用は非常に簡単で、シール状のティシュー・プロテクターを台紙から剥がし、気泡が入らないように、薄切標本の上から貼っていただくだけで、薄切標本を保護します。

商品コード 品名 包装仕様
TP09003 ティシュー・プロテクター パラフィンブロック用 36×24mm 1 袋?10 シート
(1 シート 10 枚)

※ティシュー・プロテクター(パラフィンブロック用)は、スライドグラス標本の保護には使用出来ませんので、ご注意下さい。

研究用試薬【KN Buffer (洗浄用緩衝液)】

  • 包装 ? 1L
  • Code ? KN-09002
内容 使用目的
0.05%Tween 20、0.15mol/L NaCL 含有
0.05mol/L トリス緩衝液(pH7.2) 10 倍濃縮液
1 本中に 1L 含む。
KN Buffer は、免疫組織細胞化学染色法に用いられる洗浄用緩衝液です。

研究用試薬【KN 9 (洗浄用緩衝液)】

  • 包装 ? 500mL
  • Code ? KN-09001
内容 使用目的
1mmol/L EDTA 含有
10mmol/L トリス緩衝液(pH9.0) 10 倍濃縮液
1 本中に 500mL 含む。
加熱による抗原賦活処理は、ホルマリン固定によってマスキングされた 抗原を露出させるために必要であり、ホルマリン固定したパラフィン包埋切片の免疫組織細胞化学染色を行う際、その染色強度を増強する 目的で行われます。
抗原賦活のための加熱処理には、マイクロウェーブプロセッサー、 ウォーターバス、オートクレーブなどの加熱機器が用いられています。
使用論文紹介(PDF)

その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム